石の上にも三年では不十分、「石の上に6年」が正し。1円から百億まで1日1%で6年

成功は累乗曲線。ずっと後で一気に来る

数字なので、わかりやすくお金で例えてみると

1円からスタート

1日あたり、昨日より1%増やすとする

2円になるのは70日後、2ヶ月以上

10円になるのは、232日後、9ヶ月近

100円になるのは、463日後、1年と4ヶ月

1000円になるのは、695日後、ほぼ2年

1万円になるのは、926日後、2年と8ヶ月

10万円になるのは、1158日後、3年と3ヶ月

100万円になるのは、1389日後、3年と10ヶ月

1000万円になるのは、1620日後、4年と6ヶ月

1億円になるのは、1852日後、5年とちょっと

10億円になるのは、2083日後、5年と9ヶ月

 


1円から10億円まで、全部の期間をまとめると、こんな曲線

4年目くらいまでは0に等しく、7年目くらいから底離れが実感でき、そこからは数年もあれば、あれよあれよと世界の大富豪になってゆく。

1から始める場合、石の上に3年では全く芽は出なかった。あと3年我慢が必要だった。

ワタシ的には実感できる納得の曲線だがいかがでしょう


曲線が習得曲線なら

お金ではなく、英語の習得としよう

最初は何もかもがちんぷんかんぷん、文法一つ覚えるのに途方もない時間がかかる。

流暢な会話には、単語も少なくとも5万語くらいは覚えなければならない。それに対して発音・綴り・品詞・変化。相当な時間が必要だ。

単純な発音もそうだが、会話の中の発音は前の単語の最後と、次の単語の頭がつながって全く違う単語に聞こえる。

文化的背景も知らなくては会話は出来ない。これらは単純な暗記と違って相当な時間がかかる。

覚えるべきことを単純に数え上げるとすると、数十万とかそれ以上にも及ぶ。

仮に30万項目と見積もったとして、上の1%曲線で見ると、ほぼ4年。

石の上にも3年であってるのかもしれない!!?

ただし3年目までは全く実感が伴わず、ここまでで挫折してしまう人がほとんどだろう。


お金は税金が有るので累乗曲線とはならない

お金も、累乗曲線に従って、4年目ぐらいからぐんぐん増え始めるわけだが、お金は増えれば税金が取られるので、10億稼いでも5億は税金で取られるならば、半分からやり直しになる。

おそらく、人はモチベーションをなくし、この曲線に乗るのをやめてしまうと思われる。

 


10,000スタートなら3年で10億

1からスターではなく、10,000スタートの場合、1万倍にはならないが、半分の3年で10億に達する。

どんな世界でも2世は成功しやすいのを数字的に説明できているのかもしれない。

金持ちの子供は、頭は微妙でも、自分も事業を起こして金持ちになったりする例が多いが、種銭があれば倍速で事が成し遂げられるのかもしれない。

貧乏人の子はたとえ優秀であっても貧乏人で終わるのは、こういう事かもしれない。

帰国子女は英語のエキスパートだが、スタート時の習得が1日1%を遥かに超えているゆえと予想できる。

どうやら、いちばん大事なのは、継続。全く成果が出ていなくても諦めてはいけない。

2年目の成果1500がなくなるのではなく、10億への爆発のベースを捨ててしまうことなのだ。もったいない。


勇気の言葉

もうすこしのしんぼうだ。(このあと一気に成果が現れる)

もう少しで夜明けが来る。(よく頑張った、あとはガバガバだ)

止まない雨はない。(諦めなければ無駄にはならない)

石の上にも3年だ、大成功までは6年だ。(1・2年では話にならない)