ロードバイク Honky Inc のペダル左右逆に付けてしまい105クランクお釈迦

悩んで迷って購入したロードバイク、カナダのメーカー、コナ社のホンキーインク(KONA Honkey Inc)

どんなときもwifi

楽天で申し込んだロードバイク、佐川急便で到着。

 

開梱したところ、身長や股下のデータを送っていたおかげか否か、全部セッティングされており、シートの高さを数ミリ上げ下げして調整したくらいでカッチリ決まりました。

 

そしてあらかじめ注文してすでに到着していたグランジ(サンエス東京)というメーカーのビンディングペダルを装着。

 

シマノのペダルより少し安かったのと色が黒だったのでこれにしました。

クルクルとねじ込むと直ぐに抵抗が出たので、スパナで回しました。ネジはどんどん入っていくのですが、抵抗感が変らないので少し変だなとも思いつつ、根元まではまったので良しとしました。

 

そしてこれまた先に到着していたビンディングシューズ

SERFAS(サーファス) MTBシューズ。これはいいです、汚れません。

↑にクリートをつけて、微調整とギアシフトの練習のため荒川の土手に出てみることにしました。

走り始めてギヤをシフトしてみると、カチョン・カチョンという風な軽い音とともに、シフトが落ちて行き、キリリ・キリリと上がっていくのは爽快でした。

走り出してみると、止まる理由がないので、延々とこぎ続けました。野球場がたくさんあり、サーカーグラウンドが少しあり、人の居ないゴルフ場もどきが延々と続いていました。なんか怪しい。

結局さいたま市と上尾市の境界の辺りまで行き、引き返してきました。特に困ったこともなくうまく乗りこなせました。

ところが通勤で使い始めて2・3週間後、左のペダルがポロリと取れたのです。はめても直ぐ外れます。

近くの自転車屋へ行くと、ペダルが逆についているとのこと。ここで親父がねじ山を作る道具を出して作業を始めましたが、回しすぎてねじ山を全部なめておしまい。

片足で10km、家まで走りましたが、さすがはビンディングペダル、割と平気でした。

この時、引き足のタイミングを体得しました。時計の文字盤で時計回りで例えると、55分で踏み始めて、25分で引き始めます。00分で踏み始めて30分で引き始めるとギクシャクします。

片足だけでペダリングの練習をしてみることをお勧めします。

通販で105クランクを探しましたが、高いので、ティアグラにする事にしました。7300円位でした。

 

届いたティアグラクランクセット。のっぺりしていてグレーっぽい光沢があり、ちょっと残念。

 

 

左が105、右がティアグラ。105は軽量化のための肉抜きが徹底している。

 

 

装着完了。

 

 

 

ペダルの装着も、まずはネジにグリスを塗って、向きを確認して慎重に装着。前回とは感触がまるで違ってました。当然ですが機能的には何も問題なし。