3千万プレイヤー俺先生の、期間限定無料(^^)勝つためのビットコインFX臨時講座 【0】インストール

 

シミュレーショントレード(FXゲーム)アプリで練習

100万円の手持ちでスタート

リアルタイムで実際の相場価格でトレードできます。
いろんな為替もビットコインも出来ます。日本円を賭けない以外本格的です。

資金が少なくなっても80万円までは何回でも補充できる。
最初の頃は悪い癖が出てロスカット食らったりしたけど、1回大きいのが取れて資金に余裕ができると簡単に勝てる様になった。

現金が伴わないと、簡単な予想のもとで、ホールド、利確、損切が、ひょいひょい出来る。

 

↓ビットコイン、 2週間位で資金が1300万円とかになってる。

 

シミュレーションで勝つ力はあるのに、実践では負ける自分が現実。
やはり、戦う相手は「自分」なのだ。
自分の影をあぶり出して殺さなくてはならない。

もはや哲学か宗教だな。



「ホールド」し利益を伸ばす。違和感を感じたら即損切。

以上は精神論だが、テクニカル的には何が違うかというと、「ホールド」だ。
自分では、ブログやツイッターで、「利大の追求」を否定しているのに、勝因は「利大」なのか😱

精神的余裕とホールドについて、魚と餅の焼き方の話を思い出した。

昔からの格言?の一つ「魚は殿様に焼いてもらい、餅は貧乏人に焼かせろ」

魚は殿様に焼いてもらえ

魚は、つついたりひっくり返したりせず、同じ姿勢でじっくり火を通すのがきれいに焼くコツ。
表面が焼けたところで何回もひっくり返すと身がボロボロに崩れて無残な形になってしまう。
だから遠赤外線が良いわけです、中まで熱を通せるから。

殿様くらい鷹揚な人に焼いてもらうと丁度いい。

餅は貧乏人に焼かせろ

餅は、表面がすぐに焦げて真っ黒になってしまうので、何度もひっくり返すのが良い。
貧乏人は簡単に餅は食えないので、焼けるのを待ちきれなくて何度もひっくり返して様子を見るので、焦げずにむらなく焼ける。

ものの扱い方には、素材に適した方法が有り、その理由がある。
理由を知り、扱い方を知らなければ、上手に扱えない。


 

ビットコインは餅か魚かわからないが、投資は魚だという記事。

勝つ人は余裕資金を投信でじっくり。負ける人は勉強もしないで、FXをハイレバで。

チャート分析は精度のどうこうでなく、それ自体が2の次3の次。

日経マネー 特集セレクト

個人投資家1.3万人調査 負け組はハイレバレッジ好き2018年個人投資家調査

勝ってる人は先進国株投信の保有が多かった。この3年間の世界的な株高の恩恵を享受できた格好だ。一方、勝てない人はFX(外国為替証拠金)取引が目立つ。FXはハイレバレッジの取引が行えるのが特徴で、大勝ちが狙える半面、失敗した時の損失も大きくなりやすい。勝てない人は、高リスクの取引で損失を重ねた可能性がある。

あなたの投資スタイルは?」という質問に対する答えをまとめたものだ。勝ってる人(3連勝)、勝てない人(3連敗)に加え、全体(投資歴3年以上)の結果を比較している。

注目されるのは、「高配当・優待」と「バリュー(割安)」の2つ。どちらも、全体(緑)に比べて勝ってる人(赤)の比率が高い一方、勝てない人(青)の比率が大幅に低い。先ほど紹介した傾向を踏まえると、高配当やバリュー株にじっくり長期投資している人が着実に連勝を重ねている姿が想像できる。

こうした傾向は、その他の部分にも表れている。例えば、日本株の信用取引の利用率を見ると、勝ってる人の20%に対し、勝てない人は27%と高い。勝てない人のハイレバ好きがうかがえる結果だ。

一方、勝ってる人は、コツコツ&手堅い投資好きが鮮明。保有資産では国内REITが16.8%と高く、勝てない人(6.5%)を大きく上回る。また、積み立て投資を行っている人の割合も、勝てない人の25%に対し、勝ってる人は36%と11ポイントも高かった。

もう一つ、顕著な差が出たのは投資の勉強時間。勝てない人は、ほとんど勉強しない人が約3割。勝ってる人は約7割が週に1~2時間以上勉強していた。

一方、「チャート分析」「テーマ株」「イナゴ投資」の3つのスタイルは正反対の結果が出た。つまり、勝てない人の採用率が高い一方、勝ってる人はあまりやっていないスタイルになる。前ページの傾向を踏まえると、こうした運用スタイルに、短期、ハイレバで臨んで連敗するパターンが多そうだ。

 






bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で



ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck