2018後半はダラ下げ、ちょっと上げ下げ、年末56万円そして MoooooooooN🚀Fire

月間10億円投資家のHATさん曰く「予想するから損切りできない」
言葉通りは取れないが、柔軟な思考ということなんでしょう。

どんなときもwifi

11月半ばに24万崩落、予想を上回る53万へ↓↓↓、逝っちゃったー

BitFlyer-bitcoin-FX 2018年 後半

5/5  120万から「MT.GOX小林崩壊」 ↓

6/18 ↓ 65万底

7/24 ↑ 100万までリバ

 

予想ラインの曲線は形が違っているが、山と谷は予想通り。

8/14 ↓ 65万底Ⅱ

9/4 ↑ 85万までリバ

9/6 ↓ 67万まで一気落とし

9/21 ↑ 77万まで上昇

9/23 みんなセリクラを待っているが、大口のショート刈りがカウントダウン!!!その前に雑魚ショート刈り有ります、注意

意味わからんが半月前のクラッシュが来たときのロング・ショートグラフの再現になってる。

つまり、一旦4・5万円ばい〰〰んと上げて、雑魚ショート焼き尽くしてから、80万ちょっとで大口ショートin。
だから80万にショート入れとけば、68万で利益たっぷり美味しいよということ。

 

 

 

年末には、下限の底が割れて55万を目指して下げてゆくだろう。(9/22予想)

 

60万を割るとマイニング企業の勢力図が変わり、中国の大手マイナーが撤退し、新型GPUを採用した新興企業や、一部は個人のマイニングが復活してくるに違いない。

2018-08-29_06h29_02

8/4新型予想BOX(ラインではなく箱にしただけ)

価格は下がってもボリュームが増えているので、相場の総額は変わっていないと考えられる。

60万を切ったところで底を打ったら、一気に20万幅のスペースXが打ち上げられると考える。(9/22予想)


11月半ば、70万円台から26万大暴落、

11/14 17時ごろから崩れ始め、夜中になって一気に15万円暴落

11/19 珍しく9時頃 11万円暴落の第2波

これで私もすってんてんにロスカットされました。 (;_;)

第一波の暴落で、ぎりぎり持ちこたえていたが、含み損を売っても資金減少でロスカット。
新規に売り向かっても資金減少でロスカット。
何をしても維持率低下でロスカットになるので、上がってくれと祈るのみであった。
そして祈りは通じずロスカット。

なめやがって大口め。いつか何処かで破産させてやるぜ。

 

さて、通常だと第3波の暴落が来るんですが、そうするとマイナーさんの損益分岐点を割ってしまうので、ビットコイン自体が崩壊してしまう。

良いのかそれで?
まあ、誰も困らないですけどwww

 

いつもながらビットコインの展開は早い。年末の大暴落の予想が11月半ばに暴落。

さて、どこまで反転するやら。65万くらいまででレンジになりそうな気もしてきた(根拠なし)