ビットコ ヨイショ記事一覧  価値は上がる一方⇧

今儲かっている人も儲けをむしられる危機が何度も訪れます。クワバラクワバラ。

投資対象格付機関Weiss Ratingsが暗号通貨を格付けすると発表

2018/1/28から

They will begin issuing letter grades for cryptocurrencies including Bitcoin, Ethereum, Ripple, Bitcoin Cash, Cardano, NEM, Litecoin, Stellar, EOS, IOTA, Dash, NEO, TRON, Monero, Bitcoin Gold and many others.

ナスダック:ビットコイン先物上場を計画、競合に続き来年に-関係者

2017/11/30(木) 2:58配信

米ナスダックは仮想通貨ビットコインの先物を来年上場する予定だと、事情を知る関係者が明らかにした。快進撃を続ける仮想通貨市場に参入を試みる主要取引所としては米国で3番目。

情報が非公開だとして匿名を条件に取材に応じたこの関係者によると、導入は早ければ4-6月期の可能性があり、ナスダックの先物取引所「NFX」で契約が取引されるという。

ナスダックの広報担当者、アラン・ショーンバーグ氏はコメントを控えた。

米国ではこれまでに、CMEグループとCBOEグローバル・ホールディングスがビットコイン先物の上場を計画中だと明らかにしている。

原題:Nasdaq Is Said to Plan Bitcoin Futures, Joining Biggest Rivals(抜粋)

ノースカロライナ州の投資会社モルガン・クリーク・キャピタル・マネジメントの創設者兼CEOであるMark Yusko氏はビットコインの価格は長期的に見て40万ドルに達するだろうとしている。2017/11/14

「このブロックチェーンと暗号通貨ビットコインは破壊的なテクノロジーなであり、銀行が懐疑的であると予想するのは極めて自然なことです。これは銀行の需要と供給方程式を全く変えてしまう。銀行、金融業者、サウジアラビアの王子が出てくるのは驚くことではない。これは本当に破壊的な技術だからだ。」と述べた。


ドイツ銀行ストラテジスト、「フィアットマネーの終わりはそう遠くない」2017/11/08

多くのビットコイン支持者は、デジタル時代の到来にはデジタル通貨が必要だと考えている。Reid氏は、暗号通貨や他の媒体が最終的に紙幣に取って代わる可能性があり、その新しいシステムがビットコインに基づいていると予測する


LedgerX、10,000ドルの先物オプション販売へ

 

ビットコインの先物オプションを提供するLedgerXは、10,000ドルのビットコイン先物オプションを新たなデリバティブとして提供する。同社が提供する先物オプションは、コールオプション(買う権利)とプットオプション(売る権利)が用意されており、契約満了時期は最長で来年12月となっている。オプションの契約満了時期は、四半期毎に用意されており、来年の3月、6月、9月、12月のそれぞれの最終営業日となっている。LedgerXは今年7月、デリバティブのクリアリング業者(決済の事前準備)として米国商品先物取引委員会(CFTC)によって登録を認められていた。

現在ビットコインは8,000ドルの最高値圏で推移しているが、10,000ドルのオプション取引を行う場合、約30%のプレミアムが発生することになる。年初にはビットコインの価格は900ドル前後だったことを考えれば、10,000ドルへの到達は十分射程圏内といえるだろう。

仮に来年12月に契約が満了するコールオプションを購入すると、現在価格と先物価格の差額の約2,000ドルのプレミアムが現時点でのリスクとなる。一方で、来年12月時点のビットコインの価格が10,000ドルを上回っていた場合、その差額が投資利益となる。契約満了時点でのビットコインの価格が20,000ドルであった場合、10,000ドルの利益となる。つまりコールオプションの購入者はビットコインの価格が上がれば上がるほど、利益が大きくなる。

一方、来年12月時点のビットコインの価格が10,000ドルを下回っていた場合、その差額が損失となる。コールオプションは買う権利であり、買う義務ではないため、購入権を行使しないことで損失を抑えることができる。この場合、コールオプションの売り手は、プレミアム価格の2,000ドルが収益となる。

プットオプションを購入する場合、10,000ドルでビットコインを売る権利が購入者に与えられるため、ビットコインの価格が下がれば下がるほど利益が大きくなる。一方、ビットコインの価格が10,000ドルを超えた場合、プットオプションの購入者は売る権利を放棄することになる。このため、プットオプションの売り手はプレミアムが利益となる。

LedgerXのリスクマネージメントチームの算出によると、ビットコインが来年12月に20,000ドルに到達する確率は25%程度だとしている。確率算定には、デリバティブマーケットの価格予測をする数式モデルの一つであるブラックショールズ・モデルが用いられた。

来月12月には世界最大の先物取引所CME Groupが、ビットコインの商品先物取引を扱うことを発表しており、市場がさらに活性化することが予想されている。さらに大手のヘッジファンドなどもビットコインの先物上場を機に、ビットコイン市場の参加を示唆している。「ビットコインはバブル」であるとする内容の発言をしてきた著名人達にも、自身の発言に責任を持ち、プットオプションを購入するなどの正式な形でビットコインの市場への参加を期待したい。


2017/11/17

日本政府がICOを計画している

日本の地方自治体、ICOの地域活性化を検討岡山県の村であるニシャワクラは、「地方自治体ICOの導入に関する共同研究を開始する」と発表した。

村の人口はおよそ1,500人で、森林面積の約95%を占めています。2009年、「100年の森」プロジェクトは、美しい「高品質の田舎」を目指して開始されました。

地域活性化のためのユニークな取り組みに積極的に取り組んできました。そのような分野への投資を継続し、持続可能なコミュニティ開発を実現するために、民間企業と共同して自治体ICOの導入に関する研究を開始し、自治体のICOを新しい村の財源としていかに活用できるか。

村は、市のICOが「前例のない資金の流入と流通を促す」ことを望んでいると発表した。

民間企業とのコラボレーション

この村では、3つの企業と共同研究プロジェクトを開始し、自治体のICOの導入方法を決定しました。

日本の地方自治体、ICOの地域活性化を検討最初の会社名はBlockchain Development CompanyのChaintope Co Ltdです。ブロックチェイン技術を活用し、さまざまな地域のバーチャル通貨を開発しています。また、研究を行い、ICOをサポートするプラットフォームを開発しました。