getposition 建玉の状態を表示

こちらの方のコードを参考に(特別なものはないので普遍的なコード)
Python初心者がbitFlyerのAPIを利用して自動取引するPythonプログラムを書いてみた

 

まずは情報を取得してみる

 

返ってきたデータ

 

<改良版>実際のポジションと損益を、連続的に表示し続ける

  side  size  price   pnl

pnlとは何だ?:plofit and loss(ピーエル P/L 損益)のことらしい。

詳しい解説

url = “https://api.bitflyer.jp”
path_url = “/v1/me/getpositions?product_code=FX_BTC_JPY”
response = requests.get( url + path , headers = headers)
result=response.json()
因数分解すると
result=
requests.get( https://api.bitflyer.jp/v1/me/getpositions?
product_code=FX_BTC_JPY ,
{ ‘ACCESS-KEY’ : api_key,
‘ACCESS-TIMESTAMP’ : timestamp,
‘ACCESS-SIGN’ : signature,
‘Content-Type’ : ‘application/json’ })

result=requests.get()外部関数を使って記載のアドレスから情報を取ってきて、変数resultに格納せよ。

返ってきたデータ

[持ち玉は1個しか無いが、全体はリスト形式[0]番(複数[1],[2],[3]・・・)
{辞書形式のデータ
“product_code”: “FX_BTC_JPY”,
“side”: “SELL”, “price”: 36000,
“size”: 10,
“commission”: 0,
“swap_point_accumulate”: -35,
“require_collateral”: 120000,
“open_date”: “2015-11-03T10:04:45.011”,
“leverage”: 3,
“pnl”: 965,
“sfd”: -0.5 } ]

この中から、背景の付いたデータを取り出すには

print( result [0][‘side’],result [0][‘size’],result [0][‘price’],result [0][‘pnl’])

結果

SELL 10.0 36000.0 965.0 が取り出せる

ここまでpython入門中2019/11


ここからpython慣れてきた頃2020/03

ポジションをpybitflyerで取得して、pprintで表示してみた

 

コロナショックの時、大底でショートした。下手くそだ。