株 個人システムトレード(API開放)kabu.com 快挙

API開放の取引所

API開放といえばビットコイン取引所とFXのOANDAというキワモノ(失礼!)取引所だったが、MUFGグループのkabu.com証券も開放しているらしい。

APIとは直接関係ないが、驚きの信用手数料0円。なんぼでもアルゴ出来る。

大手ネット証券唯一の信用取引手数料ゼロ円!2019年12月よりauカブコム証券では大手ネット証券5社で唯一、短期でも長期でも、1円でも1億円でも、信用取引の手数料が無料です。

サンプルコードがjavascptとpythonという、今風のノンコンパイル言語2枚看板。解かってるね!

そして、非ITノンプログラマーには、excelマクロと、親切にexcelアドインまで。

APIプログラマーは億れるのか?

そんな訳無いですね

 ツイッターとブログで自動売買のすごい利益を公開している方がおられます。

 以前からビットコインのシステムトレーダーとしてお見かけしている方です。

 株とビットコインの違いなどきいてみたいですね。

アルゴは手動の助けをするだけで、勝手に稼いでくれるのでは有りません。

ビットコインではアルゴトレーダー個人は取引所の餌でした。勝てた人は数万人中、数人~数十人くらいです。

ロジック的には、移動平均系のインジケーターは全く勝てません。平均交差やMACDやらがこれです。ただ、可能性はあります。

ブレーク系も利益を取るのは難しいです。ボリンジャーバンドやチャネルブレークアウトとかですね。移動平均系よりは可能性は少し高くなると個人的に思います。

ボリューム✕価格変動を監視するやつは更に僅かに可能性は上がります。まあ、ボリューム=価格変動とも言えるので、ボリュームの監視です。

でも、これでも勝てません。僅かに確率が上がるだけです。

つまり、アルゴトレードはトレーダーの手助けをするだけで、必勝法がアルゴではないです。


【auカブコム証券(旧:カブドットコム証券)のおすすめポイントを解説】売買手数料は大手ネット証券の中でも最安値水準!9種類の用途別アプリで、スマホ取引もラクラク!
【2019年12月1日更新】auカブコム証券(旧:カブドットコム証券)の特徴、おすすめポイントから弱点も含め、どんな人に向いているかを解説。今回紹介するのは次の8つ。1)大幅値下げされた「売買手数料」、2)「フリーETF」が15種類、3)「自動売買注文」のバリエーションが豊富、4)投資信託が急増中で、半分以上がノーロー...
■auカブコム証券で利用できる「特殊注文」
注文方法機能
逆指値高くなったら買い、安くなったら売り
W指値指値と逆指値の同時発注
Uターン買い約定したら売り注文自動発注
リレー銘柄乗り換え:A銘柄を売ったらB銘柄の買い発注
トレーリングストップ高値・安値の値動きに合わせて逆指値を自動修正
±指値始値・終値・約定価格を基準にした指値指定
時間指定時刻、または、何分後かを指定し、自動で、発注/訂正/取消
■auカブコム証券で使えるスマホアプリ
アプリ名ジャンル概要
kabu smart銘柄管理複数の証券会社で保有している株式のポートフォリオ(銘柄の組み合わせ)を、ひとつのアプリで一元管理。Android専用。
IPO Lab新規公開株その月の新規上場企業が確認できるIPOカレンダーや、企業概要やIPO情報を銘柄詳細画面があり、フリック操作で閲覧できる。
PICK UP! 株チャート銘柄探し自動テクニカル分析・検証により、買売シグナルが出ている銘柄を抽出。検証結果をベースに勝率ランキングも見られる。また、個別銘柄のシグナルパフォーマンスを表示してくれる。
PICK UP! 株テーマ銘柄探し今話題のテーマや関連銘柄がわかるアプリ。「アクセス」や「急上昇」といったランキングから今話題のテーマと関連銘柄がわかる。テーマのお気に入りに登録が可能。また、テーマ解説も掲載されている。
PICK UP! 株主優待株主優待株主優待内容から銘柄を検索するアプリ。優待の種類・権利確定月から優待銘柄を探せる。
FUND ME投資信託投資信託選びをロボットがアドバイス。簡単な質問に答えることで、最適なポートフォリオを提案。投資する金融商品や国内外の地域、将来のシミュレーション、リスク水準などが確認できる。
kabu.com for iPhone/Android/au総合取引ツール注文機能から、リアルタイム株価ボード、高機能チャート、ランキング、ニュースなどの情報まで詰め込んだ高機能ツール。取扱商品も、株式や先物・オプション、投資信託と幅広くサポートしている。
シストレFXFXauカブコム証券な提供する「シストレFX」用アプリ。
店頭FX smartFXauカブコム証券な提供する「店頭FX」用アプリ。

 auカブコム証券が提供する数多くのツールの中でも特におすすめしたいのが、スクリーニング(銘柄探し)用ツールの「kabuナビ」である。

 「kabuナビ」の優れている点は、検索時の条件が「ヒストグラム(分布グラフ)」で表示されることだ。スクリーニングツール「kabuナビ」の条件検索画面。PBRやROEといった検索条件ごとに、銘柄の分布がヒストグラムで表示されている
拡大画像表示

 例えば、株の教科書的には「PBR1倍割れは割安」と言われるが、その銘柄が本当に割安なのかどうかは状況による。相場が低迷して、PBR1倍割れの銘柄だらけの時期もあるからだ。かといって、「今の状況でPERがいくら以下だったら割安なのか」という判断は、なかなか難しい。

 しかし、ヒストグラムを利用すれば、視覚的に「どの程度から割安なのか」を感じながら、マウスで検索条件を調節できる。

 右の画像の例では、「PBR0.8倍以下」「ROE8倍以上」「時価総額1000億円以上」「1日の平均売買代金10億円以上」といった数値で検索し、結果11銘柄まで絞り込まれている。さらに銘柄数を絞ったり増やしたりしたい場合は、PBRなどの検索条件ごとについているツマミをスライドさせることで検索結果を調節できる。

 さらに、検索結果の表示も非常に見やすくなっている。

 他社のスクリーニングツールでは、単なる一覧表が現れるだけという場合が多いのに対し、「kabuナビ」の場合は、チャート、財務、コンセンサス、ニュースなどの情報も検索結果と一緒に表示される。

■値下がりリスクなしで株主優待をゲット!?ネット証券各社で使える「つなぎ売り」のやり方を徹底解説!

 このクロス取引を行う際には、信用取引の売建てを使うのだが、特に一般信用取引というサービスを利用して売建てができれば、低リスクで取引を実現できる。auカブコム証券は、この「一般信用売り」ができる数少ない証券会社のひとつなのだ。

 一般信用で売建てができる主な証券会社の手数料と金利を、下の表にまとめた。auカブコム証券は、他の証券会社にくらべて取扱銘柄数が多いことがわかる。

■クロス取引に便利な一般信用売りができる主なネット証券
証券会社銘柄数信用取引手数料(税抜)
[約定10万円/20万円]
一般信用の貸株料
auカブコム証券234099円179円1.5%(長期)
3.9%(売短)
SBI証券1520143円/143円2.0%(長期)
3.9%(売短)
松井証券8290円/330円2.0%
※SBI証券、auカブコム証券は「1約定ごと」の手数料コース、松井証券は1日の約定合計金額で計算するボックスレート。2016年10月27日時点。

 一般信用で売建てのクロス取引ができれば、低コスト&低リスクで優待品をゲットしやすくなるので、興味のある人はチャレンジしてみよう。


国内現物取引

購入金額5万円10万円20万円30万円50万円100万円200万円300万円500万円1000万円

DMM株
55円88円106円198円198円374円660円660円880円880円

ライブスター証券
55円88円106円198円198円374円660円660円880円880円

SBI証券
55円99円115円275円275円535円1,013円1,013円1,013円1,013円

立花証券ストックハウス
55円88円110円264円264円517円990円990円990円990円

岡三オンライン証券
108円108円220円385円385円660円1,650円1,650円2,310円3,300円

楽天証券
55円99円115円275円275円535円1,013円1,013円1,013円1,013円

松井証券

auカブコム証券
99円99円198円275円275円1,089円2,079円3,069円4,059円4,059円

マネックス証券
110円110円198円275円495円

信用取引

購入金額5万円10万円20万円30万円50万円100万円200万円300万円500万円1000万円

DMM株
88円88円88円88円88円88円88円88円0円0円

ライブスター証券
0円0円0円0円0円0円0円0円0円0円

SBI証券
99円99円148円198円198円385円385円385円385円385円

立花証券ストックハウス
0円0円0円0円0円0円0円0円0円0円

岡三オンライン証券
108円108円165円330円330円550円1,100円1,100円1,320円1,320円

楽天証券
99円99円148円198円198円385円385円385円385円385円

松井証券

auカブコム証券
0円0円0円0円0円0円0円0円0円0円

マネックス証券
104円104円154円209円209円


MUFGの世界戦略

kabu.comはMUFGグループの証券会社である。

実はMUFGは、仮想通貨取引所 Bit Fllyer にだいぶ前から出資している大株主なんです。BitFlyerのお客さんが、ボットトレード大会などを何度か開催したりして、日本のフィンテックの裾野を富士5合目くらいまで押し上げたのをじっと見ていたんでしょう。

MUFGの経営戦略部はこう考えたに違いない。この人達が、ビットコインのみならず、米国株でアルゴトレードばりばりブチかますなら、日本の金融は破滅の日を先延ばしできるかもしれない、と。

その後アジア・アフリカに門戸を広げれば、コイツら日本の市民アルゴトレーダーが、ドルの上前をはねてくれるに違いない、と。10倍返せじゃ〰〰〰

そういう俺はこの日のために、半年以上休日を返上してPCにしがみついてpythonを習得していたのだ。又時代が俺に近づいた。

コメント

amazon 本日のタイムセール Time Sale
現役シリコンバレーエンジニアが教えるPython 3 入門 + 応用 動画290本28.5時間 \24,000
楽天モバイル、妻がiphone SE2、息子がiphone11で使ってます。一番安くて通信品質イマイチ
コロナ感染施設の人体に無害な消毒と抗菌処理ならESS消毒社(東京都)
タイトルとURLをコピーしました