クジラがビットコインを購入している価格帯は513万円2021/3/4

48000ドルから下は想定されていないということ

ビットコインの価格が4万8600ドル(約520万円)に下落したタイミングで、大手取引所コインベースから1万BTC(540億円相当)超の出金が確認されている。こういった出金は、購入したビットコインを長期保有用のカストディウォレットに送金していることが多いため、企業や機関投資家の購入であるとする見方が強い。

今回のクジラとはマイクロストラテジー社

CryptoQuantのKi Young Ju最高経営責任者(CEO)がツイートしたグラフ。先月24日以降のデータで、4万8000ドル(約513万円)付近まで下落した段階で、今回も含めて3回大口の出金が行われている。Ju氏は「クジラ(大口保有者)はビットコインを買い集めている」とコメントした。

このことから、クジラがビットコインを購入している価格帯が4万8000ドルだと示唆していることが分かる。

ビットコインの価格は2月21日、コインベースで5万7000ドル(約610万円)台まで上昇して過去最高値を更新した後に下落。28日からは上昇に転じているが、その間にもクジラは購入を続けていたと見られる。

Ju氏は先月末、米機関投資家の動向について、コインベースの資金移動は「強力な買い圧力」だと指摘。4万8000ドルをクジラが購入する価格帯であると見ていることから、2月26日には、1BTC=4万6000ドル(約490万円)の時に自身もビットコインを買い増ししたことを報告している。

マイクロストラテジー社、BTC買い増し

米ナスダック上場企業マイクロストラテジー社は1日、1500万ドル(16億円)相当の現金でビットコインを更に買い増したことを報告した。

平均取得単価は45,710ドルで、ビットコインの下落時に押し目買い的に購入した可能性がある。

コメント

amazon 本日の在庫処分 Time Sale
現役シリコンバレーエンジニアが教えるPython 3 入門 + 応用 動画290本28.5時間 \24,000(実購入は\1,890でした)
携帯2台持ちを1円で解決 早くしとけばよかった。
コロナ感染施設の人体に無害な消毒と抗菌処理ならESS消毒社(東京都)
タイトルとURLをコピーしました