bitflyer HTTP public API getmarkets

BitcoinBot「招き猫」目次に戻る

HTTP public API マーケットの一覧 /v1/getmarkets

まずはブラウザで表示してみる

bitflyerで取り扱っているコインの一覧が表示される。

関数で’product_code’という引数を指定するときに、この中のどれかを指定する。

pythonでAPIからデータを取得

値段を得るTickerで作った関数の名前とurlを替えてコードを作る

返された結果

aliasというのは別名のことで、product_code=に使える

データは[リスト]の中に{辞書形式}で格納されている。

このデータは使うことは無さそう

終わり

 

BitcoinBot「招き猫」目次に戻る