bitflyer HTTP API excutions

BitcoinBot「招き猫」目次に戻る

約定一覧とは取引所の売買の一覧である。

ブラウザでAPIをつついてみる

例によって結構なデータが埋まっている

pythonでAPIからデータを取得

 

import requests
def getdata():
    url="https://api.bitflyer.com"
    path="/v1/executions"
    return (requests.get(url+path).json())
response=getdata() #そのままprintすると大変なので一旦変数で受ける
print(len(response)) #データが何個あるか調べる
print(response[0]) #1個だけ内容を表示する、全7種類
100
{'buy_child_order_acceptance_id': 'JRF20191229-063649-536643',
 'exec_date': '2019-12-29T06:36:49.647',
 'id': 1485476989,
 'price': 799000.0,
 'sell_child_order_acceptance_id': 'JRF20191229-063601-187354',
 'side': 'BUY',
 'size': 0.023}

100件あります、これは「何時から」というパラメタを指定していないと、100件だけ返すようです。

中身は1件毎の売買の詳細。

幾らで、どれだけ、買ったのか売ったのか。
つまり、歩み値の積み重ねになります。

これらを、ある時間軸で括っていき、XY面にグラフを書くと
チャートになる。

 

excutionsのデータが有れば、チャートを使った戦略をBOT化できるということ。

 

BitcoinBot「招き猫」目次に戻る