【ソース整形印刷】サクラエディタ 2行目以降のインデントを揃える 印刷派必須 初心者感涙

プログラムソースのインデントを揃えた印刷

プログラムソースを印刷したい時ってありますよね?

私は印刷したソースの変数を目で追って線を引いたり書き込みしたりするので、印刷をよくします。

しかし、インデントの2行目が一番左から始まって見づらい。
けど、いくら調べても2行目以降のインデントを揃えられるエディターは無いと諦めていました。

しかし、ついに発見。
灯台下暗し。(T_T)
愛用のサクラエディタの「折返しインデント」を”論理行”に設定すればよいのだった。

設定を変えて印刷プレビューしてみた比較

折返しインデント無し

インデントの折返しが左端から始まってクソな状態。クソ見づらい。

折返しインデントあり

インデントの折返しが揃っていて素敵な状態。一瞬で理解できます(大盛り)

pythonはインデントで構造を理解するわけで、てことはインデントが崩れたら理解できないわけで、こりゃー天と地の差。

サクラエディタ 折返しインデント 設定方法

(メニュー) [設定] [タイプ別設定一覧] [設定変更]

(スクリーンタブ) [折返しインデント] [論理行先頭]