暗号通貨 ブロックチェイン ニュース2019

 

どんなときもwifi

 

 

手数料無料で株と仮想通貨の取引ができるアプリ

米モバイル決済のスクエア社はビットコイン売買ができる「キャッシュ・アップ」に株の売買という新たな機能を追加する。ブルームバーグが関係者の話として12日に報じた。利用者は、株を手数料無料で取引できるようになるという。

一方、手数料無料で株と仮想通貨の取引ができるアプリでは、サンフランシスコに拠点を置くロビンフッドが先行している。

 

【速報】バックトのビットコイン先物、9月23日に立ち上げへ 仮想通貨カストディ承認で

Bakkt(バックト)は、ICE(インターコンチネンタル取引所)により提供されるビットコイン現物で決済される先物とカストディを2019年9月23日にローンチ予定と発表。同社によると、CFTCの自己認証プロセスにより、ビットコイン先物のローンチの認可を受けているという

「史上最高の強気イベント」

仮想通貨アナリストのスコット・メルカー氏は、バックトのビットコイン先物が現物受け渡しである点に注目し、ビットコインの機関投資家にとって史上最高の強気イベントと主張。現物受け渡しとは、投資家が先物の指定受渡日に現物であるビットコインを受け取る方式であり、現金で受け取る米シカゴ先物市場(CME)などのビットコイン先物とは異なる。

Bakktがビットコイン先物を開始するためには、顧客の仮想通貨を安全に保管する「カストディアン」としての認証を受ける必要がありましたが、今回ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)からの承認を得たことによって「ビットコイン先物」と「カストディサービス」の両方を提供することができるようになりました

 

インドの移動体通信事業者が、世界最大級のブロックチェーンネットワークの構築を計画していることが判明

インドのIT株が1万倍になるのは必定

当期純利益:7億421万円
前年は赤字、何をどうした?

2019/08/14