python ライブラリー - パッケージ - モジュール - クラス・関数

パイソンにおける、ライブラリー パッケージ モジュールとは 

答えはズバリ、フォルダ階層にある

C:\anaconda\Lib\site-packages\pandas_datareader\data.py

 C:   ドライブ

 \anaconda  anaconda統合環境のインストールフォルダ

 \Lib  ライブラリー =パッケージ群

 \site-packages  パッケージ =モジュール群

 \pandas-datareader モジュール=モジュールファイル群

data.py モジュールファイル(クラスや関数が記述されている)

data.pyの中に関数がある

  def DataReader 関数

 (いくつもの関数が宣言されている)


使い方

#プログラムで利用するときに呼び込む
from pandas_datareader import data

#pandas_datareaderフォルダからdata.pyを読み込め

df=data.DataReader(‘^N225′,’yahoo’,start,end)

#data.pyの中のDataReader関数を使って結果をdfに代入せよ

引数は4つ、①ticker(株の記号)②どこの取引所からデータを取るか③期間・いつから④期間・いつまで

4つの引数を投入して、DataReaderという関数を呼び出すだけで、株のデータを取ってきてくれて変数に格納してくれる。


from とは? 

import 実例

 

from import を使ってファイルを決め打ちする実例

上の例は、pandas_datareader全部を読み込むみ、使う時にdata.pyの中のDataReader関数だよと指定する。
data.pyファイル以外の、ファイルのクラスや関数も使えるが、表記が長ったらしくなる。

下の例は、pandas_datareaderフォルダのdata.pyの中のモジュールを使うよと指定する。data.py以外のファイルは読み込めない