「ビットコインは詐欺」 -JPモルガンCEO -謀略CEOか間抜けなピエロか。

インターネットが普及する前、NTTは専用線を企業等に貸していた。販売チャンネルはいくつか有ったとしても実質は独占国営企業NTTグループのサービスなので、暴利をむさぼるがままという料金であった。

それが今や、企業間といえどインターネット回線を利用することで、数十分の1や数万分の1という料金になってる。

同様のパラダイムシフトが通貨の世界に到来しようとしている。上の例えで言うNTTグループに該当するのが、銀行であり、既得権者の彼らが抵抗するのは当然でしょう。

世界通貨の流れが我慢できない世界的金融グループCEOが「ビットコインは詐欺」

「うちのトレーダーがビットコインを売買したら即解雇」と発言。

JPモルガンCE

米銀JPモルガン・チェースのダイモン最高経営責任者(CEO)は12日、同行のトレーダーが仮想通貨ビットコインの取引を行ったとしたら解雇すると言明した。

ダイモンCEOはニューヨークでの投資家会議で、ビットコインは「良い終わり方はしないだろう」と述べ、バブルがはじけると予言。「これは詐欺」であり、最古のバブルと言われる17世紀オランダの「チューリップ球根より悪い」と指摘した。

同CEOはその上で、JPモルガンのトレーダーがビットコイン取引を始めたとしたら、「即座に解雇するだろう。理由は2つだ。当行の規則に反する上に愚かであり、いずれも危険なことだ」と語った。

ビットコインの価格はダイモン氏の発言を受けて下落。ニューヨーク時間12日午後4時(日本時間13日午前5時)現在、1%安となっている。先週、中国が仮想通貨の国内取引所での取引を禁止する計画だとの報道を受け、ビットコイン相場は下落していた。

ダイモンCEOは、特に何か問題が発生すれば、監督を受けずに仮想通

 

しかし、笑っちゃうのが、JPモルガン、ブロックチェイン技術は将来性が有ると言って、投資しているらしい。

天に唾する事をしても自分の顔に掛かるだけですよ、CEOのおじいさん。

しかし、おじいさんはあのJPモルガンのCEOなので、言葉のインパクトは大きく、ビットコインは一瞬にして、数%ほど暴落し、全体の価値として、数千億~数兆円が目減りしたようだ。

ただでさえ、55万の天井を打った後、中国政府の「仮想通貨ICOは詐欺が多いので禁止」発表後、ダラ下がりを続けていたのに追い打ちが掛かってしまった。

ビットコインもイーサリアムも当分下げ、しかし1年間等の長期スパンは上げ基調だと思います。

反転するのは早くて11月初め、遅ければ来年の2月と予想。

2017-09-13_ビットコイン&イーサリアム共に暴落中
2017-09-13_ビットコイン&イーサリアム共に暴落中

 

と思ったら3日で反転。しかもJPモルガングループが暴落した安いビットコインを狙いすまして次々とビットコイン関連の投資を行っていることが判明。

このジジイ、JPモルガンに数十億ドルくらいのキャッシュをもたらせてしまった。「天下騒乱罪及び詐欺」で死刑でよろしくないですか。

JPモルガンCEO ジェイミー爺さんは詐欺師。「ビットコインは詐欺」の発言による暴落後、JPモルガングループ、大量のbitcoin notesを購入。全員首にしてもらおうか!

Just recently news.Bitcoin.com reported on JP Morgan executive Jamie Dimon calling bitcoin a “fraud” and claiming he would fire any employee from his firm who traded the digital currency for being “stupid.” Now it seems JP Morgan has been caught red-handed purchasing a bunch of XBT shares, otherwise known as exchange-traded-notes, that track the price of Bitcoin.

Also read: Bitcoin Proponents Respond to JP Morgan Executive’s Statements

After a Few Harsh Statements from Executive Jamie Dimon, JP Morgan Ltd., and Morgan Stanley Purchase Bitcoin ETNs

According to public records of Nordnet trading logs, the two associated firms JP Morgan Securities Ltd., and Morgan Stanley bought roughly 3M euro worth of XBT note shares. Interestingly after the recent regulatory crackdown in China, and the statements from JP Morgan’s senior executive Jamie Dimon talking trash about bitcoin, his firm bought the dip on September 15. In fact, out of all the companies on the list, like Goldman Sachs and Barclays, the JP Morgan team of buyers purchased the most XBT notes.

After the Boss Calls Bitcoin a 'Fraud' — JP Morgan Buys the Dip
Image via @IamNomad on Twitter.

Bitcoin exchange-traded-notes (ETNs) are a popular investment vehicle for mainstream investors and financial management firms who want exposure to bitcoin. A few institutions offer ETNs, among them Denmark-based Saxo Bank, which sells notes called the “Bitcoin Tracker.” These bitcoin-based ETNs track bitcoin price movements against the Euro and USD. Bitcoin ETNs have done extremely well over the course of 2017 following suit with bitcoin’s meteoric price spike.

JP Morgan Applies for Blockchain Patent 175 Times

JP Morgan doesn’t just purchase bitcoin notes, but is also heavily involved with the ‘blockchain fever’ that has infected banks across the world. The financial firm has applied for a “bitcoin alternative” patent with the U.S. over 175 times in 2013. The company is also working on an ethereum-based blockchain alongside, according to people familiar with the matter, working with Zcash development as well. With the ethereum project called “Quorum,” JP Morgan has its own Github repo that explains how the permissioned blockchain does not need consensus mechanisms like Proof-of-Work (POW) or Proof-of-Stake (POS).


その時とその後のチャート。


 










簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin