Bybit new API wrapper “pybit”  旧”bybit”から丸ごと差し替えです!

Pybit
pip install pybit
Basic Usage:基本的な使用法
次のようにHTTPクラスとWebSocketクラスを取得できます
from pybit import HTTP, WebSocket
HTTPセッションを作成し、WebSocket経由で接続します
session = HTTP(
    endpoint=’https://api.bybit.com’, 
    api_key=’…’,
    api_secret=’…’
)
ws = WebSocket(
    endpoint=’wss://stream.bybit.com/realtime’, 
    subscriptions=[‘order’, ‘position’], 
    api_key=’…’,
    api_secret=’…’
)
情報は、Bybit APIに送信したり、BybitAPIから取得したりできます。
#オーダーブック
session.orderbook(symbol=’BTCUSD’)
# Create five long orders.
orders = [{
    ‘symbol’: ‘BTCUSD’, 
    ‘order_type’: ‘Limit’, 
    ‘side’: ‘Buy’, 
    ‘qty’: 100, 
    ‘price’: i,
    ‘time_in_force’: ‘GoodTillCancel’
} for i in [5000, 5500, 6000, 6500, 7000]]
# Submit the orders in bulk.
session.place_active_order_bulk(orders)
# Check on your order and position through WebSocket.
ws.fetch(‘order’)
ws.fetch(‘position’)
使用可能なエンドポイントとメソッドの詳細については、
サンプルのpythonファイルまたは以下のエンドポイントの
リストを確認してください。
HTTPメソッドの詳細については、次のURLを参照してください。
https://github.com/verata-veritatis/pybit/blob/master/docs/HTTP.md
https://github.com/verata-veritatis/pybit/blob/master/examples/http.py
WebSocketメソッドの使用例は次の場所にあります。
https://github.com/verata-veritatis/pybit/blob/master/examples/websocket.py
Marketデータエンドポイント
EndpointMethod
オーダーブック(板情報)orderbook()
ローソク足データ取得query_kline()
シンボルの最新情latest_information_for_symbol()
公開取引記録public_trading_records()
クエリシンボルquery_symbol()
清算された注文liquidated_orders()
クエリマークプライスローソク足データquery_mark_price_kline()
建玉open_interest()
Advanced Data高度なデータ
EndpointMethod
ローソク足データ取得query_kline()
最新のビッグディールlatest_big_deal()
ロングショートレシオlong_short_ratio()
Account Dataアカウントデータエンドポイント
アクティブな注文
EndpointMethod
アクティブな注文をするplace_active_order()
アクティブな注文を取得するget_active_order()
アクティブな注文をキャンセルするcancel_active_order()
すべてのアクティブな注文をキャンセルしますcancel_all_active_orders()
アクティブな注文を置き換えるreplace_active_order()
アクティブな注文のクエリquery_active_order()
アクティブな注文の高速キャンセル(スポット)fast_cancel_active_order()
アクティブな注文のバッチキャンセル(スポット)batch_cancel_active_order()
バッチ高速キャンセルアクティブ注文(スポット)batch_fast_cancel_active_order()
IDによるアクティブな注文のバッチキャンセル(スポット)batch_cancel_active_order_by_ids()
Conditional Orders条件付き注文
EndpointMethod
条件付き注文place_conditional_order()
条件付き注文を取得get_conditional_order()
条件付き注文をキャンセルするcancel_conditional_order()
すべての条件付き注文をキャンセルするcancel_all_conditional_orders()
条件付き注文を置き換えるreplace_conditional_order()
条件付き順序のクエリquery_conditional_order()
Position:ポジション
EndpointMethod
私の立場my_position()
自動追加マージンの設定(線形)set_auto_add_margin()
クロス/アイソレートマージンスイッチ(リニア)cross_isolated_margin_switch()
フル/パーシャルポジションSL / TPスイッチfull_partial_position_tp_sl_switch
マージンの追加/削減(線形)add_reduce_margin()
取引の設定-停止set_trading_stop()
セットレバレッジset_leverage()
ユーザーレバレッジ(非推奨)user_leverage()
ユーザートレードレコードuser_trade_records()
クローズド損益closed_profit_and_loss()
Risk Limit:リスク制限
EndpointMethod
リスク制限を取得するmy_position()
リスク制限の設定(逆)set_auto_add_margin()
資金調達
EndpointMethod
最後の資金調達率を取得するget_the_last_funding_rate()
私の最後の資金調達手数料my_last_funding_fee()
予測される資金調達率と私の資金調達手数料predicted_funding_rate()
API Key Info
EndpointMethod
APIキー情報api_key_info()
LCP Info
EndpointMethod
LCP情報lcp_info()
Wallet Data Endpointsウォレットデータエンドポイント
EndpointMethod
ウォレットの残高を取得するget_wallet_balance()
ウォレットファンドレコードwallet_fund_records()
レコードを撤回するwithdraw_records()
資産交換記録asset_exchange_records()
API Data EndpointsAPI : データエンドポイント
EndpointMethod
サーバー時間server_time()
発表announcement()
Account Asset Endpoints : アカウント資産エンドポイント
EndpointMethod
内部転送を作成するcreate_internal_transfer()
サブアカウント転送を作成するcreate_subaccount_transfer()
クエリ転送リストquery_transfer_list()
サブアカウント転送リストのクエリquery_subaccount_transfer_list()
サブアカウントリストのクエリquery_subaccount_list()
pybit Custom Endpointspybit : カスタムエンドポイント
EndpointMethod
アクティブな注文(一括)place_active_order_bulk()
アクティブな注文のキャンセル(一括)cancel_active_order_bulk()
条件付き注文(一括)place_conditional_order_bulk()
条件付き注文のキャンセル(一括)cancel_conditional_order_bulk()
クローズポジションclose_position()
WebSocket
先物をサブスクライブしてWebSocketを見つける方法の
包括的な例を確認するには、
examplesファイルを確認してください。
先物
Public Topicc : 公開トピック
Topic NameTopic String
orderBookL2_25‘orderBookL2_25’
orderBookL2_200‘orderBookL2_200’
トレード‘trade’
保険‘insurance’
Instrument_info‘instrument_info’
klineV2‘klineV2’
Private Topics : プライベートトピック
Topic NameTopic String
ポジション‘position’
実行‘execution’
注文‘order’
stop_order‘stop_order’
Spot : スポット
スポットのトピック名はここにリストされていますが、
トピック文字列はリストされていません。
これは、スポットWebSocketがトピックと
そのフィルター/パラメーターの両方に単一の文字列ではなく
JSONを使用するためです。
その結果、トピック文字列をws.fetch()データに
使用することはできません。
各スポットトピックをサブスクライブするための
サンプルJSONの完全なリストは、公式APIドキュメントにあります。

WebsocketのJsonの扱いについてはサンプルファイルがありますので確認してください
パブリックトピックV1
Topic Name
tradeトレード
realtimesリアルタイム
klineローソク足
depth深さ
mergedDepthmergedDepth
diffDepthdiffDepth
パブリックトピックV2
Topic Name
depth深さ
kline ローソク足
tradeトレード
bookTickerbookTicker
realtimesリアルタイム
プライベートトピック(スポット)
Topic Name
outboundAccountInfoアウトバウンドアカウント情報
executionReport実行レポート
ticketInfo価格

コメント

amazon 本日のタイムセール Time Sale
楽天モバイル、妻がiphone SE2、息子がiphone11で使ってます。一番安くて通信品質イマイチ
現役シリコンバレーエンジニアが教えるPython 3 入門 + 応用 動画290本28.5時間 \24,000 (毎月月初数日間は 1800円)
タイトルとURLをコピーしました